防犯カメラ設置のコツ

現在の日本では、犯罪が増加しています。特に窃盗や強盗の犯罪件数は右肩上がりの増加傾向にあります。
このような窃盗や強盗の対応するためには、防犯カメラの設置が有効です。防犯カメラを設置することで、犯罪を記録したり、事前に犯罪を防ぐことが可能になります。この防犯カメラについて、ただ何も考えずに設置しておけばいいわけではありません。防犯カメラには目的があります。目的を意識した設置方法を意識しましょう。

防犯カメラには犯罪を記録するものと、犯罪を事前に防ぐという大きな二つの目的があります。犯罪を記録する目的の防犯カメラには、犯罪の記録が正確にできるものを選びましょう。モノクロでは判別しにくいのでカラーのものを選びましょう。

そして設置する場所にも工夫が必要です。金品や高価なものが置いてある場所の周辺で、犯人に破壊されないような場所に設置しましょう。つまり、部屋の中でかつ、犯人から見えにくい場所というのが適切な設置場所だといいます。

犯罪を防止する目的防犯カメラは、犯人の見える場所にわざとおきましょう。特に玄関やベランダの周りに置くことで、効果が期待できます。犯人から見えるようにしておけば、犯罪をしようと思っても、この家はセキュリティーが高いと判断し、そこの家に入るのを諦める可能性が高くなります。そのためには、ある程度を目立つような場所で、かつ、明らかに偽のカメラでないという自然な置き方が有効です。

このように、犯罪を防止する目的、犯罪を記録する目的によって設置方法や設置場所も変化してきます。もちろん、この2種類の目的のカメラを同時に使うことも、もちろん高い効果が期待できます。
弊社では、様々な場所への導入ノウハウを活かし、お客様へ最適な設置場所へ導入いたします。
無料の訪問サポートでご相談にのらせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

ご質問、お問い合わせはこちら

PAGE TOP