防犯カメラを選ぶ時に考慮すべき機能

現在の日本では、窃盗など財産をねらう犯罪が増えています。身近に迫る犯罪から身を守るために、防犯カメラを設置することをおすすめします。

この防犯カメラには様々な性能があります。家庭で導入を考えている人も、これを機会に防犯カメラの性能を理解し、購入する際の指標にすると、とても便利です。

まず、画質の問題があります。解像度が高ければ高いほど、犯罪ははっきりと映り、犯人の顔も正確にとらえることができます。これに加えて、カラーとモノクロの違いもあります。モノクロでは、犯人の顔が判別しにくいです。その一方でカラーなら判別は簡単です。もちろん解像度が高く、カラーのカメラは値段が高くなります。予算に余裕がある場合には高い解像度でカラーの防犯カメラを選びましょう。

大事なのが暗視機能です。暗い場所でも、犯人や犯罪の様子を明確にとらえることができます。そのため、監視機能がない防犯カメラでは、犯罪を記録する防犯カメラの目的を達成できない恐れがあります。暗視機能の搭載したカメラを購入することが大事です。

これに加えて、撮影方法も重要です。一方体撮影するのではなく、様々な角度から撮影することも可能です。このような機能を搭載したカメラなら、犯人が入ってきても、正確に捉えることができます。多方面からの撮影なら、背中や後頭部しか映らないという従来の防犯カメラの欠点を補うことができます。

このように防犯カメラには様々な機能があります。ご自身の用途と目的、予算を十分に考慮して、できるだけ防犯性が高く、安心できるような自宅を作れるように、是非弊社までご相談ください。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

ご質問、お問い合わせはこちら

PAGE TOP