こういったところに仕掛けたい!防犯カメラの設置場所とは

 防犯カメラを仕掛け、空き巣対策などに役立てたかったり、最近物騒になってきたので威嚇のためにもとりあえず設置したいと思う人は多いのですが、購入してきてもどういったところに仕掛ければよいのかわからないという人も多いのが実情です。確かにこういったことに関して余り読んだり聞いたりすることがないものです。一体どういったところにカメラを仕掛けたら効果があるのでしょうか。
 そのポイントの一つは泥棒の気持ちになって考えるということです。泥棒はよくこういった防犯カメラを見ているものでもあり、下見の段階でもこういった防犯カメラががおいてあるところは意図して避けるものです。そのために見せるための防犯カメラというものも必要でその設置場所の最も良い点は玄関です。丁度玄関に入ってくる人が映るようにするとピッキングなどにも威圧効果があり大変オススメです。
 こういった見せるカメラとは別に隠すカメラもあります。そういったカメラは万一侵入されたり、窓ガラスが割られた時などのために証拠を撮影したり犯人を特定するために設置するものです。こういったカメラはより小型で解像度も少ないものでも良いので、犯人に見つかって壊されないような場所に隠せるものが前提です。その隠し場所としては予想もしないようなところ、例えば繰り抜かれたタンスの中に置いておいたり、絵画の一部を繰り抜いてカメラを設置するというのも効果が高いものです。
弊社では、様々なお悩みから防犯カメラを設置してきた導入についての知識がありますので、場所・お悩み内容問わず、是非一度ご相談ください。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

ご質問、お問い合わせはこちら

PAGE TOP