お寺でも防犯カメラが役立つって本当?

本当です。
近年、お寺・神社・仏閣において盗難被害や放火被害が急増しています。
とんでもない罰当たりな行為ですが、事実、起きている犯罪です。
静かな人通りの少ない場所にあり、敷地も広く死角が多いお寺や神社は
犯罪者に狙われやすい場所の一つとなっています。

特に、国から国宝や重要文化財の指定を受けていない文化財が狙われることが多いそうです。
一般客の目に触れる機会がない、人里離れた山に安置された秘仏などの文化財は、特別開帳や展示会の際まで盗難被害に気が付かないケースもあります。
歴史深い関西地方には、たくさんの国が指定する国宝・重要文化財が存在します。
文化財を多く所有している地方自治体では、盗難被害に対しての注意を呼びかけているところや、博物館・研究所などで防犯対策セミナーや勉強会を実施しているところも少なくありません。
その中でも、2014年5月長崎県と対馬市では、同市内の神社や個人から申し出があった場合に文化財を預かる為の博物館を新設する計画が決まったと発表しました。
このように、全国でも盗難被害が多発していることへの対策が進められていますが、まだまだ個人で守らなければならない文化財も数多く存在します。
貴重な歴史財産を守り、未来へ継承していく為に、是非防犯カメラの設置をご検討ください。
弊社では、無料訪問サービスがございますので、カメラの性能をご確認いただき、カメラの設置場所や使用方法の詳しいご相談に丁寧にお答えいたします。
是非お気軽にお問い合わせください。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

ご質問、お問い合わせはこちら

PAGE TOP