赤外線カメラってよく壊れると聞いたのですが?

赤外線カメラは普通の防犯カメラと同じで特に壊れやすいといったことはありません。
おそらく赤外線LEDの寿命に達成したのかと思います。

防犯カメラに無数についている赤外線LEDの寿命は、一般的には5,000時間~20,000時間と言われております。
例えば、夜間のみの1日10時間照射したとして、最低500日(約1年半)から2,000日(5年半)の計算になります。
防犯カメラに付いている赤外線LEDで、全ての赤外線LEDが照射しなくなったら、交換になります。

また赤外線LEDを好まないお客様には、暗視タイプの防犯カメラも御座います。
これは周りに少しでも明かりがありましたら、その光を取り込んで、録画を致します。

もし弊社の担当者が現地に赴いた際には、お客様の要望や現場の状況により、
どちらのタイプが最適かご説明をさせて頂きます。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

ご質問、お問い合わせはこちら

PAGE TOP